専門クリニックで精液検査をすると今の精子の状態がわかる

DNAの構造模型

不妊に悩むカップルにおすすめしたい精液検査

化学分子構造

晩婚化の影響で近年不妊治療をするカップルは年々増えています。不妊症に悩むカップルの半分は女性側に原因が、もう半分は男性側に原因があると言われています。子どもが欲しいけどなかなか出来ないとお悩みの男性は病院での検査をお勧めします。
男性の不妊症は男性不妊を扱う泌尿器科の病院やクリニックで診てもらうことができます。男性に行う一般的な不妊症の検査に精液検査があります。これは採取した精液の量や濃度、精子の運動率や形態を計測する検査です。自宅もしくは院内の専用の部屋で精液を自分で採取した後、精液を体温に近い温度に保ちなるべく早く検査を行います。
この際ほとんどの病院ではプライバシーは完全に守られるので安心してください。精液検査をおこなうことで自分の精子の状態がわかり、今後の治療方針について医師と相談することが出来ます。もしも結果が悪かったとしても、男性の精液の性状は生活習慣やストレスを改善することによって良くなることがあるため、日を置いて何度か検査をします。検査結果によってはさらに詳しくホルモン検査や染色体検査をおこなうことになります。精液検査は不妊に悩むカップルの治療への第1歩です。一刻も早く男性の不妊治療専門クリニックに相談して、こどもを授かる未来を手に入れましょう。

ノートを書いている

専門クリニックは精液検査の能力も治療能力も高い

男性不妊かどうかは精液を検査することでわかるので、男性不妊が疑われる場合は男性の不妊治療専門クリニックに相談して精液検査をしてもらいましょう。精液の検査は精子の濃度や精子の異常などを調べることに…

MORE

INFORMATION

UPDATE POST

TOP