専門クリニックで精液検査をすると今の精子の状態がわかる

DNAの構造模型

男性の不妊チェックは基本的に精液の検査だけ

試験管で実験する

子供がなかなかできない、でも不妊治療を始めることには迷っている。そんな時、まずは不妊検査を受けてみることがひとつの方法です。女性側はいくつもの検査がありますが、男性側は基本的に精液検査だけです。精液検査は、精液を採取して顕微鏡で観察し、精子の状態を調べるものです。自宅や院内でマスターベーションをして精液を採取し、それを病院に提出します。
医師に性器を診察されたり、検査器具をつけるようなことはありません。精子の状態は、精液の量、濃度、精子の運動性、奇形率などで判断されます。精液の量が少ない、濃度が薄い、精子の動きに元気がない、奇形率が高いといったことが、妊娠の可能性に影響してきます。
基準外の程度が大きかったり、基準外の項目がいくつもあるとそれだけ自然妊娠が難しくなり、場合によっては人工授精も難しく、体外受精、さらに顕微授精しか方法がないということもありえます。精液検査の注意点として、精液の状態が体調によって変わることがあるので検査結果が日によって違うことがあること、採取から持ち込みまで常温で2時間以内といった条件がつくことがあることなどがあります。難しいことは何もないので、一度男性の不妊治療専門クリニックに相談して、精液検査を受けてみるとよいかもしれません。

ノートを書いている

専門クリニックは精液検査の能力も治療能力も高い

男性不妊かどうかは精液を検査することでわかるので、男性不妊が疑われる場合は男性の不妊治療専門クリニックに相談して精液検査をしてもらいましょう。精液の検査は精子の濃度や精子の異常などを調べることに…

MORE

INFORMATION

UPDATE POST

TOP